テント倉庫にはどんなメリットがあるの?そんな方に教えます!

そもそもテント倉庫って何?

テント倉庫とは軽量鉄骨などの骨組みに専用のシートを張った、簡易型の倉庫を一般的には指します。そのタイプは固定式から折り畳み式や移動式のものまで、またスケールも一棟の工場のように大きなものから、仮設テントのような小型のものに至るまで、幅広く多種多様です。実際のニーズも高く、食品などの物流倉庫や販売業の商品倉庫として、あるいは車両の格納庫やイベント会場の仮設テントなど、世の中のあらゆるシーンで活用されています。このように使い勝手に優れるテント倉庫ですが、国土交通省の通達では「建築物」とされているため、容量や形状あるいは用途といった条件が、きめ細かく定められています。このためテント倉庫を設置するのであれば、タイプごとに求められる条件をクリアし、その上で特定の行政庁や民間の建築確認検査機関へ建築確認申請しなければなりません。

テント倉庫のメリットは豊富!

前述したように、テント倉庫は軽量鉄骨などで骨組みし、そこに専用のシートを張るだけで完成する、簡易型の建築物です。通常の倉庫を建設する場合と比べて、容易かつスピーディーに設置できるため、工期も約半分以下に短縮することが可能。同時に施工費やランニングコストについても、負担を軽減することが期待できます。またテント倉庫は自由に可変しやすいことに加え、そのバリエーションも豊富なので、設置したい敷地の広狭や形状、あるいは目的や用途に合わせた、柔軟な活用が可能です。例えば狭く変形した敷地に設置するのであれば、微調整できる折り畳み式が最適かもしれません。また短期間のイベント等の場合には、移動式のテント倉庫を選択することで、スピーディーかつ低コストな設置が実現できるはずです。

物流は、生産地から消費地に物を運ぶことです。このしくみがなければ、生産地と消費地が直結している必要があります。